開園以来、下記のような研究を積み重ねて参りました。

昭和

  • 43年 幼稚園における教材研究のあり方とその指導
  • 44年 幼稚園の仲間意識をどう育てるか
  • 45年 幼稚園における教育課程の編成とその手順
  • 46年 子供の集団生活の指導をどうするか
  • 47年 創造性の芽生えをどう育てるか
  • 48年 豊かな心情を育てるための指導
  • 50年 望ましい経験や活動の再検討−積み木を使つての活動を中心として−
  • 51年 望ましい経験や活動の再検討−言語力による活動を中心として−
    「幼小連携教育の研究開発」文部省指定(〜53)
  • 52年 −やる気をおこさせる指導を中心として−
  • 53年 −総合的な指導や活動の在り方考え方−
  • 54年 −総合的な指導をささえるもの−
  • 55年 幼児の発達のふし目をどうとらえるか−社会性の面を中心に−
  • 56年 幼児の発達のふし目をどうとらえるか−感情の発達を中心に−
  • 57年 幼児の発達のふし目をどうとらえるか
    −幼児は生活するために何をどう考え,どう取り組んでいるか−
  • 58年 幼児の心の育ちをどうとらえるか
  • 59年 幼児の園生活を見直す−幼児にとって遊びとは何だろう−
  • 60年 幼児の園生活を見直す−幼児にとっての望ましい教育課程の追求−
  • 61年 幼児にとっての望ましい教育課程の追求
    −幼稚園教育の普遍性を求めて−
    「3年保育の教育課程」文部省指定(〜63)
  • 62年 幼稚園教育の普遍性を求めて−望ましい教育課程の追求−
  • 63年 幼稚園教育の普遍性を求めて−幼児期にふさわしい生活の展開−

平成

  • 元年 幼児の育ちと環境−育ちあう姿を見つめながら−
  • 2年 幼児の育ちと環境−環境としての教師の役割−
  • 3年 幼児の育ちと環境−一人一人にとってふさわしい環境を考える−
  • 4年 幼児の育ちと環境−環境構成を指導計画にどう組み込むか−
  • 5年 豊かな表現力が育つために−表現の豊かさとイメージとのかかわり−
  • 6年 豊かな表現力が育つために−表現の受け止めを考える−
  • 8年 子どもの心の流れにそった教育課程編成に向けて
    −子どものありのままの姿への対応−
  • 9年 子どもの心の流れにそった教育課程の編成
    −子どもたちが織りなしていく生活のなかから−
  • 10年 地域と共に−出会い・触れ合い・育ち合い−
  • 11年 地域と共に(完結) −出会い・触れ合い・育ち合い−
  • 12年 心豊かな生活を展開するために−道徳性の面から−
    高校生等保育・介護体験事業実践調査研究校(〜13)
  • 13年 心豊かな生活を展開するために−道徳性の面から−
    文部科学省教育課程研究指定(〜14)
  • 14年 心豊かな生活を展開するために−道徳性の面から−
    文部科学省教育課程研究指定(完結)
  • 15年 「見つける・気づく・考える」カを育てる
    −遊びを深める環境の構成−
  • 16年 「見つける・気づく-考える」 力を育てる(完結)
    −学びの基礎を培う生活の中から−
    ソニー教育財団
    「科学する心を育てるソニー幼児教育支援プログラム」
    優秀プロジェクト園受賞
  • 17年 科学する心を育てる
    −子どもの興味・関心をつなぐ教師のかかわり−
  • 18年 子どもの育ちを支える保育を考える
    −教師聞の学び合いを通して−
  • 19年 子どもの育ちを支える保育を考える
    −遊びを見つめ直すことを通して−
  • 20年 子どもの育ちを捉えるために
  • 21年 遊びを見つめて−学びを探る−
  • 22年 遊びの中の学び−支える教師の援助−
  • 23年 子どもの豊かな育ちを支える−日々の保育記録を通して−
  • 24年 子どもの豊かな育ちを支える
    −「伝えたい」「知りたい」思いに寄り添いながら−
  • 25年 子どもと共に遊びをつくる−人とのかかわりを通して−
  • 26年 子どもと共に遊びをつくる−環境を見つめ直して−
  • 27年 子どもと共に遊びをつくる−自然との関わりから−