2/15ページ

親子製作の様子(りす組)

今日は2学期最後の保護者参観日でした。親子で自然物と子どもたちの写真を使って「スノードーム」を作りました。

・サンキライ・マツカサ・ヒムロスギ

子どもたちは作り方をよく聞いていて,飽きることなく親子で楽しく作っている姿が見られました。上のお子さんのクラスに行ってお母さんと離れているお子さんは,友達のお母さんが手伝ってくださっていました。あたたかい素敵なクラスだなと感じました。ありがとうございました。

水の中に入れた子どもたちの写真もかわいらしくて,そこに雪のように舞うパウダーがきれいな,『世界にひとつだけのスノードームが』出来ました!!

おうちに飾って,家族で見ながら楽しかった話をしてくれたら嬉しいです。

ご協力ありがとうございました。

ケーキパーティーⅢ(年長組)

12月6日
年長組の子どもたちは,朝からケーキパーティーの準備。
身支度をして,可愛いパティシエ達が集まりました。

昨日グループ毎に焼いたスポンジケーキに,好きなお菓子や果物をトッピングしました。

クッキーやマシュマロ,ブドウ,ミカンなど,見た目もとても素敵な世界に1つだけのケーキができあがりました。


小さいクラスの友達や先生を招待して,パーティーが始まりました。司会・進行も,年長組の子どもたちです。


みんなで歌ったり,先生達の出し物を見たりして,とても楽しいパーティーでした。


もちろん,手作りのケーキは「美味しい」「もっと食べたい」と,とても好評でした。

手洗い指導の様子

感染性胃腸炎や風邪・インフルエンザなどの様々な感染症が流行する時期になりました。

紙芝居と手洗いの歌を交えて、正しい手洗いの仕方を楽しく子どもたちと確認しました。

今回は年中さんでの実施でしたが、他の学年も3学期始めまでを目標に実施していく予定でいます。

<手洗いの大切さを伝える紙芝居を真剣に聴いている年中さん>

<手洗いの歌を歌いながら正しい手洗いの仕方を確認しています>

<教わったとおりに正しい手洗いをやってみました>

ケーキパーティーⅡ(年長組)

12月5日
水戸三高生にお手伝いをしていただきながら,グループ毎にスポンジケーキを焼きました。

粉や砂糖をスケールで計って…
よく混ぜて…


ケーキ型に入れてオーブンで焼きました。
甘い匂いが漂ってきて「焼けてきたね」「いい匂い」「早く食べたいね」と,できあがりにワクワクするする姿が見られました。
オーブンに入れて30分。ふっくらとしたスポンジケーキ12台が焼き上がりました。

片付けをして,パーティー会場の準備も行いました。

明日はスポンジケーキにデコレーションをして,ケーキパーティーです。

水戸三高の3年生の皆さん,ご協力をありがとうございました。

避難訓練の様子

大規模地震後に起こる原子力災害を想定した避難訓練を実施しました。

第一避難として、机やテーブルに頭を守る姿勢をとる子、建物などの障害物のない園庭の広々とした場所に姿勢を低くして安全を確保する子など、迅速な避難をすることができました。

その後、原子力災害が起こった場合に備え、プレイルームへ全員で移動し、保護者の迎えを待つまでの間、電気や水道・ガスも使えない場合を想定し、アルミ保温シートで体を温める体験や非常食体験をしました。

いつ起こるか分らない災害に備え、職員も子どもたちも体験的に学ぶ事ができて良い機会となりました。

<アルミ保温シート体験風景>

<非常食体験風景>

 

 

 

 

ケーキパーティー(年長組)

12月4日(月)

昨年の年長さんにケーキをご馳走してもらったことを思い出し,今年は自分達がケーキを作ろうと計画しました。

今日は,6日のケーキパーティーのための飾りを作ったり,招待状を描いたりしました。

いよいよ明日は,スポンジケーキを焼きます。

みんな今からワクワクしています。

2/15ページ

© 2017 茨城大学教育学部附属幼稚園
〒310-0011 茨城県水戸市三の丸2丁目6番8号
TEL:029 (224) 3708 / FAX:029 (224) 3725