3月16日(金)

今にも雨が降りそうな雲の色でしたが,昨日から楽しみにしていた子どもたちと弘道館公園へ出かけました。傘を持っている友達は,持っていない友達を入れてあげて一緒に歩くと,1人よりも楽しそうな姿でニコニコ笑顔でした。「雨の日のお散歩は久しぶりだね」と嬉しそうに話す子もいました。

弘道館公園に着く頃,雨が止んでフワーッと優しい春風が吹いて,梅の花びらが舞っていました。子どもたちは「わあ!!すごいね」「最高だね」と大喜び。子どもたちを優しく迎えてくれたようです。

ひらひらと舞う花びらを掴もうとする子,きれいな花を見つけて拾う子,土から出てきた虫をじーっと見つめる子・・・,満開の梅を見たり,香りを楽しんだりと,五感で春を感じる子どもたちの姿に嬉しくなりました。

今日は附属小学校の卒業式なので,本園正門にある薬医門をくぐることができました。歴史の街,梅の街らしさを感じることができました。

おやつは年中組のこあら組で食べました。ちょうど年中さんが,来年度のために大きな砂場の道具や箱をきれいに洗って並べてくれているところでした。それを見て4月への期待をもちながらおやつの準備ができました。「黄色の椅子なんだね」と椅子を運ぶ姿に頼もしさを感じました。

「今日も年中さんのトイレ,入ろうよ」とウキウキしながら,この前,お姉さんに教えてもらったトイレの約束を思い出しながら入っていた子も多かったのですが,「やっぱりりす組さんのトイレにするね」と,少し不安を感じていた子も見られました。ゆっくり自分のペースでいいんですよ。

月曜日はいよいよ終了式。元気いっぱいのりす組さん30人と一緒に過ごしたいです。